格安でサービス濃厚

1月 28, 2015 · Posted in 未分類 · Comment 

お気に入りの風俗店があって、この前も仕事終わりに行ってみたのですが、驚くことに3時間待ちだというので、近くにあった風俗店っぽいお店に寄ってみました。

お店からお兄さんが出てきて、パネルを数枚出してくれたのですが、どの女性も30代は過ぎていて、どうやら熟女の風俗だったようです。値段を聞いてみると、最初に行こうと思っていたお店より数千円安かったので、パネルの中から特に綺麗だと思った1人を指名して待ってみました。

初めての熟女の風俗だったので、変な緊張感が待合室で襲ってきました。少々待って呼ばれて店の外で対面した39歳の熟女は想像通りの感じでした。ちょっとふくよかな感じで、街によく居そうな40歳前のお姉さんという感じです。

ラブホテルについて軽くトークしながら、服を脱がしてもらいました。熟女だけあって、頼れる感じは良いと思いました。裸になった熟女は全体的にぽっちゃりしていますが、胸はDカップはあるだろうという豊満で綺麗な乳首をしていました。シャワーを浴びて、ベッドに横になって、サービスを受けました。フェラチオはディープスロートで濃厚でしたし、気持ちのよいローションパイズリもしてくれました。

最後の素股もすごく密着して熱い過激なサービスもあって、すごく気持ち良かったです。
全体的に気遣いがある感じが、若い風俗嬢とは違うなと思いました。
また機会があって、安い料金で遊べるときは熟女の風俗に行こうと思います。

お互いの事情を話せる友達

1月 20, 2015 · Posted in 未分類 · Comment 

trhhertupoppp

俺には、親にも言えないような本当の自分についてオープンに話せる友達がいます。
その友達も同じで、俺と同じ趣味をもっています。

俺たちは、おたがいの話を打ち明けて一喜一憂しているのです。
「週末に行ってきた熟女風俗のマチコさん、スッゲー濡れるアソコをもってたぞ!」とか、
「70歳の熟女だったけど、性感帯に触れると顔を真っ赤にして喘いでた!」など、
俺たちは、性の対象である熟女とのプレイや感じたことについて打ち明けあい、楽しんでいます。

俺は21歳で、友達は成人式を迎えたばかりの大学生。
思春期のころから、性の対象として視線が向いていた先は必ず熟女の女性ばかりでした。

近所のおばさんや、商店街で買い物をしている熟女たちに興奮し、急いで家に戻ってシコっていた思春期のころ。
それは高校生、大学生になってからも対象が変わることはありませんでした。

しかし、そのことは誰にも言えない事情でした。
言ってしまうと、俺は頭がおかしい変態だと思われてしまいます。
そんな時に偶然出会ったのが今の友達です。

友達には、58歳の彼女までいます。
未亡人で、セックスに強い熟女だそうで、毎日のように友達の下半身を求めてくるそうです。
そんな素敵な熟女と付き合っておきながら、友達は熟女風俗でも遊ぶ最低な男(笑)

でも、秘密を共有できるのは友達一人なので、俺も共犯になって彼女である熟女を誤魔化していますw

64歳熟女のひとり言

1月 14, 2015 · Posted in 未分類 · Comment 

bgwegwerhrwyyy

最近、インターネットも上手に使えるようになった64歳の女性です。
このことをキッカケに、私の人生を手短に書いてみようと思います。

私がインターネットを使えるようになったのは、ある若い男性に手取り足取り教えてもらった結果です。
その男性と知り合ったのは、今私が働いている熟女風俗のお客様と風俗嬢という立場のときでした。

私は22歳で結婚をし、二人の子供に恵まれました。
しかし、旦那の度重なる浮気と浪費が原因で、常に喧嘩が絶えずに離婚。
まだその時、子供たちも小学生だったこともあり、旦那の両親が絶対に手放さなかったのです。
しぶしぶ旦那の家を一人で飛び出した私は、一人暮らしをするようになりました。

あれから30年あまり、子供たちとは一度も会っていません。いいや、会わせてもらえなかったのです。
今、元旦那が生きているのか、子供たちはどこで生活しているのかすら私に知る由はありません。

私が熟女風俗で働くようになったのは10年ほど前。
スナックで働いていたときに知り合った風俗店のオーナーの紹介で風俗の世界に飛び込みました。
そこで出会ったのが今の若い彼氏。
まだ年齢は24歳で、私と40歳も年の差があります(笑)

苦労した若かった時代をやり直すキッカケになった今の彼氏と、これからも共に楽しく生きていきます。

若いのに熟女

1月 12, 2015 · Posted in 未分類 · Comment 

私は熟女風俗店というものが好きで、あちこちのサービスを利用しています。場所によって様々な特色があって、連続して使用していると違いがわかりやすく面白いです。

時々食傷気味になって普通の風俗を利用したりもしますが、大体は熟女や人妻系の風俗店に通っています。最初は自分の嗜好に戸惑っていましたが、今はそういう系が好きなのだなと開き直っていますね。

その中でも池袋の風俗店は結構気に入っています。塾女系の風俗店なのですが、若い方が多い気がするんですよね。それも熟女の魅力を失ってしまうような若さではなくて、気持ち的に若々しいというのでしょうか、気楽に接することのできる方が多いと思います。

私は風俗店に結構癒しを求めていて、時々相談をしてしまったり愚痴を聞いてもらったりもするのですが、池袋の熟女系風俗にいる風俗嬢の人は、慰めてくれるというよりは明るく元気を分けてくれるという感じなので、利用した後とても気分が良くなります。年長者としての経験の深さ、懐の広さと、それを笑い飛ばしてくれる若々しい溌剌さがあって、私にあった接し方をしてくれるのです。

だから元気になりたいときは池袋に行きます。そんな感じで、パーッと遊びたい時やまったりしたい時や、気分によって風俗店を使い分けています。

良い思いが出来ました

1月 9, 2015 · Posted in 未分類 · Comment 

hbergwerrtyy

年上女性と交際した経験により、熟女女性の魅力に気付き同年代女性よりも熟女女性に惹かれるようになりました。

熟女女性にはまるキッカケとなった女性とは結局別れてしまったのですが、その後に交際した女性も全員年上で同年代女性と交際する事はなくなりました。

熟女女性との交際は長く続かず2~3ヶ月の交際で終わってしまう事がほとんどでした。

初めて熟女系専門の風俗店を利用した時はフリーで彼女はいませんでした。

年上女性のテクニックで満たされながら癒されたいと思ったので、池袋にある熟女系風俗店を利用する事にしました。

熟女系風俗店のウェブサイトをチェックして、好みの熟女選びを行ない一回り以上年上の大人の魅力漂う女性をウェブ指名して利用する事にしました。

指名後すぐにお店に向かって、指名した熟女によるサービスを受けたのですがやはり同年代の女性では感じられない大人な魅力が満載で、部屋に入室してまだ何もしていないのにアッチの方は勝手に膨れ上がっていました。

魅力もテクニックも想像以上でしたし3回連続でフィニッシュする事が出来、大満足です。

同年代の風俗嬢にはない大人な接客で、熟女風俗嬢はサービス終了まで包み込んでくれて、最高のサービスを受ける事が出来ました。

=広告=
土浦デリヘル かわいい熟女&おいしい人妻

熟女からのマッサージ

1月 9, 2015 · Posted in 未分類 · Comment 

池袋にある、風俗エステのお店に行ってきました。
そこの風俗エステのお店は熟女専門店で、熟女好きな私にはたまらないほどに最高な場所だったのです。

気分もムラムラしていて、マッサージをされたい気分だったので、すごく楽しみでした。

今回の私のお相手は、少し天然が入ったようなおっとりとした彼女でした。
写真よりはすごくかわいくてすごく好感が持てました。

会話もすごくおっとりとしていて、ところどころの天然発言にはすごくニヤニヤとしてしまいました。

マッサージはすごく気持ちいいです。
母性の愛に包まれているような私服の瞬間を感じています。

そして、身体で洗ってくれ、私の乳首やあそこもしっかりと、マッサージしてくれて、すごく興奮してしまいました。
玉も念入りのマッサージをし、サオをシコシコとこすられていくたびに思い切りフィニッシュをしました。

マッサージもしてもらい、たまったアレもきれいに出してくれたので、すごく満足です。
このまま寝てしまいたいと思いましたが、シャワーできれいに流してもらって終了です。

また疲れやアレがたまったときにはぜひ訪れようと思いました。
そして、最後まで恋人のように接してくれたこともすごく嬉しく思いました。

初めての上京

1月 7, 2015 · Posted in 未分類 · Comment 

初めて東京に来た。目的は童貞とおさらばする為。

家でじっくりネットで調べ人妻専門ソープにした。若い子は緊張しそうだし、かといって年上すぎるのも何となく…。
お目当ての子を指名して部屋でまつ事30分。いよいよ童貞とサヨナラする時間だ。

部屋に招き入れる。迷ったけど、初めてなんです宜しくお願いします、思わずそんな言葉が出てしまった。すると何も言わず彼女は服を脱がせくれ自分はブラとパンティーだけ。「脱がして」彼女に言われゆっくりブラを外しパンティーを脱がせた。体に抱き付いてみた。いい匂いだ。ヤバイそれだけで立ってきてしまった。彼女は異変に気づき優しく触ってた。それだけで固くなり今にもいきそうだ。すると彼女は優しくしごいてくれ、それで一回目は終了。ところが、まだ立ったまま。すると彼女はフェラしてくれた。ドンドン元気になり思わず彼女を押し倒し挿入した。童貞を捨てた瞬間だ。

何も考えず腰をふり、あっという間に尽き果てた。

でもまだ元気なのだ。今度は彼女のオッパイを触り舐めたり吸ったり。女の人のオッパイがこんなに柔らかくて気持ちいいものだとは思わなかった。それから少しずつ下へ移動。彼女のクリトリスに到着。いい匂いだ。思わず音をたてながら舐めまわした。そしてもう一度挿入。気持ちいい。コンドームの事もすっかり考えず思いっきり生で中だししてしまった。
もうこれで女の味を覚えてしまった。また、もう一度、ここにこようと次の計画をかんがえはじめていた。